富山港線 東岩瀬駅

 国鉄(JR)富山港線はその後富山ライトレールになり、現在は富山地方鉄道の富山港線になっています。国鉄(JR)時代の駅舎はライトレール化された時ホームの高さも合わないことから大半が撤去されましたが、今回ご紹介する「東岩瀬駅」だけは奇跡的に当時の雰囲気を残したまま保存されています。

 木造駅舎の外観はほぼ当時のまま残されています。国鉄地方交通線の典型的な木造駅舎という雰囲気です。

 ちなみに中は待合室、地域のコミュニティスポット的な雰囲気に改装され壁などに少しも影がある他は「駅」という感じではありません。

 外観を引きで撮ってみます。岩瀬浜方(北側)には御蔵町踏切があります。

 その御蔵町踏切から駅側を見るとこの駅一番の見所です。右側が国鉄(JR)富山港線時代の一般的な鉄道車両のプラットホーム、左側がライトレール規格のプラットホームです。高さの違いが歴然です。

 国鉄(JR)富山港線時代のホーム跡は駅舎保存に併せ2両分程度残された様ですが、柵もありライトレール規格の富山地方鉄道富山港線への乗車は出来ません。

 かつて改札があったであろう駅舎への入口です。踏切側からは柵も無く自由に入って来れますのでこの辺も当時とは少し様子が変わっているのではないでしょうか。

 富山方(南側)からホーム全景を撮影します。

 駅名標

 JR時代の当時ものでしょうか。JR末期には日中の閑散時間帯はキハ120で運行されていたこともあり、その名残ではないかと思います。

 ライトレール規格のホーム側から旧ホームを眺めてみます。ホームの石積みは綺麗すぎるので、当時ものではなく保存時に改修したのではないでしょうか。ちなみにこちらのライトレール規格のホームは富山駅方面行(上り)ホームです。

 富山地方鉄道富山港線は運賃授受の関係上進行方向左側にプラットホームを設けなければなりません。そこで岩瀬浜方面行(下り)ホームは御蔵町踏切の岩瀬浜寄り(北側)に設置されています。

 国鉄(JR)時代の資料としてはあまり役立ちそうにありませんが、ライトレールと一般的な鉄道のホームの対比が見えるのは面白いスポットだと思います。NゲージスケールならNゲージ 新形電停ローカル線の小形駅舎で雰囲気だけなら再現できそうです。

あわせて読みたい