富山ブラック

富山ブラック

2021年11月21日 オフ 投稿者: dollman

 富山のB級グルメ「富山ブラック」は濃い味のスープが白ごはんを食べたくさせるガッツリ系のラーメンです。富山のお店「ます寿司屋ヒロ助」が生麺のキットを通販していますので早速作ってみました。

 こちらが富山にある「西町 大喜」です。ここが富山ブラックラーメン発祥の地と言われています。店を構えた時は「大喜」というお店だったのですが、当時の店主が閉店を決意した時に現運営会社が屋号を買取り「西町 大喜」として再開して現在に至っています。

 当時「大喜」では食べざかりの若者の腹を満たす、肉体労働者の塩分補給の為か濃いスープのラーメンを提供、ご飯を持ち込んで食べるスタイルになっていました。濃い味付けは1杯のラーメンでたくさんご飯が食べられる様な工夫だったみたいです。現在はお店でご飯も普通に注文出来ますが、昭和の頃のおおらかなエピソードです。

 その後富山ブラックが全国区になり現在は「麺家いろは」をはじめ様々な専門店があります。

 今回はそんな富山ブラックラーメンを通販で再現してみます。ちなみにこちらのセットは「西町 大喜」のものではありませんが、富山ブラックの特徴をきっちり掴んだ富山のお店の製品です。

 販売者も富山県にあるます寿司屋「ます寿司屋ヒロ助」です。生麺は常温で2週間位、冷蔵すると1月位持ちます。

 一人前の内容物はこの様になっています。分かりやすい説明書が付いていますので即席麺を作ったことがある方なら簡単に作れると思います。麺、スープの他富山ブラックの必須アイテム粗挽き胡椒がかやくとして付いているのはポイントが高いところです。

 他に必要なものはメンマ、チャーシューに多めのネギです。あとラーメンを作るのには関係がありませんが、美味しい白ごはんも必須です。

 お湯は麺を茹でる用の1Lとスープ用の300mlが必要になります。

 真っ黒いスープが特徴の富山ブラック完成です。具はチャーシュー、メンマにネギを多めに載せます。最後に同梱のかやく粗挽き黒胡椒をかけて完成です。

 スープが絡むと先程まで薄黄色だった麺が茶色くなっています。味は見た目や覚悟していた程には濃くありませんが、十分しょっぱいですし、胡椒も手伝って辛いです。しかし口がヒリヒリする様な辛さを競う激辛レベルではないので安心下さい。

 ここで先程言った白ごはんが必須になってくる訳です。元々ご飯持ち込み可の大喜スタイルならご飯必須で、富山ブラックラーメンは濃い味故にご飯がすすむおかずなのです。

 ところでラー麺と一緒に食べるご飯は半分くらいにしておき残ったご飯にラーメンの汁をかけて食べてみて下さい。これがまたクソ美味いです。もっとも味が濃いので写真の比率では味が濃すぎてご飯はおかわりしました。

 海が近い富山だと海鮮類というイメージですが、海鮮は全く関係ありません。庶民の味がその個性故に全国的に有名となった富山ブラックラーメン、そこそこ辛いのがいける方なら一度食べたら癖になる味です。